竹原ピストルのライブ行ってきた

「住友生命 Vitality presents竹原ピストル 全国弾き語りツアー“GOOD LUCK TRACK”」を観に富山県教育文化会館に行ってきました

教育文化会館

この教育文化会館は僕にとっては思い出深い場所です

というのも高校時代に

この会場でBARBEEBOYSの前座をしたことがあるのです
当時はノウティボーイズというバンドで活動していました

教育文化会館のロビーで窓の外を眺めながら発声練習していた杏子さんはとても美しくて高校生の僕にはとてもオトナに見えたのを今でも覚えています

そしてベースのエンリケさんとはKEY PROJECTで富山にいらした2016年10月に再会できました。
当然覚えてはなかったみたいですが(笑

ライブ

会場前の機材車を発見..もしやバンド編成?と期待と不安がよぎります
やっぱ竹原ピストルは弾き語りでしょ

見難いですが..弾き語りスタイルでバンドではありませんでした ホッ
ライブハウスと違いホールなのでPA(音響)の用意が必要なのでこれで全国周ってるんでしょうね~

感想

本番中の写真はもちろんありません~前は撮り放題だったのに流石に紅白出場歌手
まぁ本人の意志とは関係なくそうなってしまうんでしょうね~~

今までと圧倒的に違うのは照明でした
ただ照らしているだけではなく曲によって効果的に照明が変わります
当たり前ですが(笑)今まではなかったことなので新鮮で少しだけ遠い存在(今までも充分遠いけど)に感じましたが
それもまたファンとしては嬉しいものです

前回がスタンディングの最前列のど真ん中だったので少々物足りないかと思いましたが
予想に反して唄がガンガン伝わってくる

これまでおそらくギターの弦を慣らすためになのか 弦を右手で下にギューっと押さえる(押し込む?)しぐさが特徴的だったのですが 今回は一度もなかった 何かあったのかな..

でも曲の途中で右手を振る独特のしぐさは健在でホッとしました(笑)

譜面台

ちまたでは歌手が歌詞を見ながら唄うことについては賛否両論あるようですが(笑)竹原ピストルは基本いつも譜面台を置いています。でも多分ほとんど見ていません。譜面台を置くのはおそらくそういうスタイルなんだと思います。昔ながらの曲やヒット曲に関してはほとんど見ていないのがわかるし,新曲や最近の曲は逆にガン見しているのが見ていてはっきりわかります。

僕は歌詞を見ながら唄うときは基本サングラスをしています。そうしないとものすごい目つきで歌詞を見てるのがバレちゃうので(笑

最近のミュージシャンは譜面台は使わず歌詞をipadやモニター画面に出して見ている人も多くいて,歌詞を根性で暗記する風潮は比較的少ないのかもしれませんね

最後に

腰の低いMCや魂のこもった歌声はなんら変わることないどころか益々円熟味を増してどんどん大きくなっている風に感じます。

なんというか「きてるな」と感じるのは僕だけじゃないはず

ただ、次はもっと大きな会場でもっと遠くから見ることになりそうなのが残念だなと思うのでした。